おぼろ・・・瀬戸内日和

おぼろ・・・・・といえば春、と思うのだけど 
秋晴れの暑いほどの好天でも 海の景色は 島も遠くの貨物船も ぼんやり・・・・
王子が岳では パラグライダーを楽しむ人が4人・5人  とっても気持ちが良さそうだ
a0091666_2244069.jpg


つづく
[PR]

# by himatubusi26 | 2006-10-15 20:11

詩人

 
     
 秋の日の ヴィオロンの
ためいきの 身にしみて
ひたぶるに うら悲し・・・

         鐘の音に胸ふたぎ
         色かへて涙ぐむ
            過ぎし日の おもひでや

                  げにわれは うらぶれて
                  ここかしこ さだめなく
                  とび散らふ 落葉かな

      

 秋です                   
 どうしても、このヴェルレーヌの『落ち葉』が でてきますよね。
 秋は 人を詩人にします
 中原中也もいいです   藤村の『初恋』も懐かしい
 あと・・・ちょっともの悲しいけど 歌人の啄木もいい
 空想の中ででは 『紅顔の美少年』も 『匂やかな乙女』も 思いのままに・・・・・
                           

 
[PR]

# by himatubusi26 | 2006-10-14 23:32

秋晴れのハッピーマンデー


やわらかい青色の空に 刷毛で掃いたような 純白の短い綿毛みたいな雲が 遊ぶ。
こんな日は 家の中でごろごろしてたら バチが当たるぞ!

皆生から境港に向けて続く 浪漫街道にある 井上靖記念館
小説「敦煌」の作者ということで 少し興味があった
 ・・・・・・・・・・・・・・・・期待のほうが大きすぎたようだ・・・・・
a0091666_2229276.jpg


つづく
[PR]

# by himatubusi26 | 2006-10-09 22:58

晩夏の思い出


 もう、一月以上前にツアー旅した 中国の記録をUPしておきたい
 写真がやっと掲示できるように調節できたので


 敦煌の西の関所といわれた 陽関(ようかん)
 東にゴビ、西にタクラマカン砂漠を眺められる、其処そのものも 砂漠のど真ん中
a0091666_13551365.jpg

 砂まじりの乾いた風を 頬に感じながら  座っていると
 何かしら 心の沸き立つものを感じる。
a0091666_13553489.jpg

 このまま一日 この景色を眺めていたいと思った
 慌ただしいスケジュールに促されて (見る)だけの旅を もったいないと思った
a0091666_1356247.jpg
 
  

つづく
[PR]

# by himatubusi26 | 2006-10-08 14:08

お月見 :付録

a0091666_16401796.jpga0091666_16284246.jpg
    












   ♪ おだんご かってきましたぁ~~
 月が出る前に お味見しました。
 恥ずかしながら 気付くと 一本しか残ってなくて
 とても寂しくて 貧しい 写真となりました・・・・・が
    お口と お腹は いい顔してます デス
    (´0ノ`*)オーホッホッホ!!
[PR]

# by himatubusi26 | 2006-10-06 18:58