村祭り

”こんなに温うて ええお天気のお祭りは 何年振りじゃろう” と云うておられました。
まるで映画のロケのような 田舎の風景の中で
昭和初期を思わせるアナクロな感じの いでたちの人もいたりして (これが正装かも・・・)
a0091666_10512043.jpgなかなかカッコいいのです







いつの時代も どの地でも
祭りの男はカッコいい!
a0091666_10563823.jpg 
a0091666_14544716.gif



11月にしては 暖かすぎる文化の日 村祭り見物する
a0091666_10375230.jpg
中国地方のヘソあたりに 少しずつ形を変えて 今に伝えられる 渡り拍子
    タンタタタン!タンタタタン!タン!タン!タタタン! タン!タタタン!
鉦と太鼓の 鳴り物に合わせて 袖やタスキを翻して 飛び跳ねる
”うちの孫も 跳び子で出とるんですで。
    子供の数が少ないけえ 1年生もおりますがぁ。
       小さいですけえ 頭の花笠が重とうて よう跳ばんけえ クルクル回りょうります。”
ふーん 太鼓をたたきながら 太鼓の周りを跳んでいるのを「とび子」というんだなぁ~~
a0091666_10185844.jpg
お疲れでーす  一年生かな?                                  a0091666_10253954.jpg
影も跳びますa0091666_10274987.jpg

社によって頭の笠が違うし 衣装も違うけれど 何故か 拍子はどこも ひどく違わない
大人二人で鉦を担ぐ  移動の時には 太鼓も同じ

行進するときは 神楽の中の神様が 先祓いを勤めるようで ここでは猿田彦の命(天狗)
鳥居をくぐるときは一呼吸おいて 隊列を整えて 威儀を正して・・・・・・
イベントではなく 神事なんだと 改めて身を引き締めた

a0091666_10221616.jpg
a0091666_10311383.jpg

a0091666_10424194.jpg


[PR]

by himatubusi26 | 2006-11-04 11:08