東奔西走

                        我々は 決して一人暮らしではありません
                        こんな状態を 家族にはナント連絡したらいいのでしょう。。。。。。。。。
                                    まぁ  そこはおいといて

a0091666_0364946.gif


角島大橋を後にしたのは午後5時も近く このまま帰っても10時を回るなぁ~
明るいうちに高速に乗っておきたい。。。。。。。。と思っていたのは 私だけだったようです
ドライバーは標識のある交差点を ”長門 萩” 方面に 手綱を・・・いえ ハンドルを切っています
                                        (おいおい どこ行くんじゃ!?)
目を点にしながら見つめるナビゲーターを ドライバーは 無視!! です
かなり走ったところで にやりと笑って 
      目と鼻の先に来てるんだから 寄ってかないテはなかろう_と言います  (マ マサカ!)




長門に入って 車は青海島へ向かっています    (やっぱりか!)
もうどうせ 当たり前の時間には帰れないし 行くとこまで行くかと 腹をくくると・・・ 面白い!! 
                               (”当たり前の時間”てナニ?)

青海島の行き止まり近く 通 と言う漁港まで来ました
a0091666_22462484.jpg

イカ釣り船の向こうに日が落ちていきます
a0091666_2250063.jpg

ここは その昔 鯨漁が盛んに行われていたらしく クジラ博物館や鯨のモニュメントなどがありました


碧濤台(へきとうだい)という展望台のある遊歩道を歩きます
キャンプ場や海水浴場のある海岸から入ります   渚百選に入っている浜辺だそうです
ここは瀬叢(セムラ)と言うそうです     見事な景色です
a0091666_239346.jpg

とうとう 日が落ちました
a0091666_23594597.jpg

こんなところで夕陽を見られるなんて 想像もしていませんでした    泣けるほど美しかった
a0091666_2391110.jpg

そして とうとう18:00をすっかり回ってしまいました


                  写真はこれでおしまいですが 帰り着くまでを 少し書き残します
青海島から長門市内に戻り ナビゲーターとしては やはり一応 美祢を目指したいです
なんと このナビゲーターが手にしている地図は SAでもらえる高速道路地図  ( エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ? )
角島からなら東南へ 長門からなら真っ直ぐ南へ走ればいい  (ざっくりしたモンです)
さらに このドライバーもカンで走る・・ 広くて真っ直ぐな道が 自分の行きたい場所への道だと信じています
辺りは真っ暗
標識も街灯も人影もなく 人家もまばらです
真っ直ぐ南下しているつもりが いつの間にか 夕陽の残照に向かって走っていたり・・・・
標識のないT字路にぶつかった時 ドライバーが「どっち?」
もう ナビゲーターはいません
元ナビゲーターは まるで霊媒師です    「ウゥ~~~! 左!!」  (根拠は何にもありませんから)

まぁ そんなんで美祢まで行けるはずもなく
まるで キツネか狸に化かされたように 何度南東を目指しても(・・・のつもり)
必ずR191に出て 下関への道を走っています      (ほとんど迷子です)

きっと神様の救いの手だったのでしょう
知らない夜の近道より 遠くても昼間一度走った道のほうが安全で確実です  (急がば回れ!)

と言うことで 下関ICを20:10 ___ 倉敷帰着24:25 全走行距離900キロ
めでたく 朝帰りの大冒険でした

       家族には 叱られたと言うより アングリ呆れられました  _(^^;)ゞ
       ですが 本当に久しぶりにガキに戻ったようで 大変楽しかったです。。。。。。マル
[PR]

by himatubusi26 | 2009-09-22 00:04 | アカネ空