洞窟音色

2日前の日曜日のことです。
a0091666_6393230.jpg

新見市の満奇洞で行われた オカリナコンサートを楽しんできました
ここ満奇洞に来るのは 何年ぶり・・・・いえ十何年ぶりでしょうか・・・・
a0091666_653183.jpg

コンサートは1時間でしたが 手先が冷たくなるぼどの寒さです
これ以上は演奏者も聴衆も 限界でしょう
a0091666_6552985.jpg

芹沢公大さんというオカリナ奏者で 名古屋を中心に世界中活躍されているそうです
作務衣に地下足袋というコンサート衣装でした
このコンサートは5回目だということですが 今年初めて知って 行ってみました
静かな山の中の駐車場が 立錐の余地もないほどに盛況でした

洞窟で聞くオカリナ・・・・・どう言い表せばいいでしょう

曲は 文部省(死語?)唱歌から フォルクローレ そして最後に「リベルタンゴ」
ちゃんとアンコールまで 全14曲(たぶん!)
楽器と 耳と ヒダの壁が近くて どちらかといえばライブハウスのような・・・・

天井から雫の落ちてくる 湿度の高い場所での演奏は 難しかったと思います
カビの臭いのするホールというのも なかなかないでしょうね・・・(^^)



コンサート後
せっかくなので と 洞内をひと回りしてみました
a0091666_7262494.jpg

正直な感想を云えば 石柱や石筍がかなり薄汚れていたということです
子供の頃 はじめて行った時 乳白色のフシギな色に つい手で触ったりした記憶があります
こんなだったかなぁ・・・・?
  とか思いながら 毒々しい色の照明に照らされた 洞内の景色を観賞して来ました

戻ってみれば
テキパキと 祭りのあとの片付けが ほとんど終りかけていました
a0091666_7382852.jpg



  そして この日 
      8月24日は 北京オリンピックの最終日で閉会式のあった日でした
      ・・・・・・ハラハラ ドキドキ イライラ
      それから ズキーンと感動させられたり   楽しませてもらいました
  次はロンドンですね
[PR]

by himatubusi26 | 2008-08-26 06:53 | あしあと