秀逸賀状

昨日は小寒
今日は七草

ぼつぼつ賀状も落ち着いてきて もう一度ゆっくり見直しながらファイルしています
80歳をかなりすぎた伯母からの
水茎も鮮やかな優しい手による一枚に 心惹かれました

    元日や
      上々吉の浅黄空

                                                    小林一茶の句です

一茶の有名な正月の句といえば  めでたさも 中くらいなり おらが春 というのがあります
身の丈にあった ほどほどの晴れがましさを 軽やかに詠んでいるのでしょう
浅黄色というのは薄い青色(藍色)で 浅葱とも書きます
新鮮で爽やかな透明感のある青い色の空が 元旦のめでたさをいっそう強調しているのでしょう
今年の元旦も 上々吉の空でした

私の出した賀状も 誰かの心に残ることができたらいいのですが
[PR]

by himatubusi26 | 2011-01-07 23:01 | 歳時記